この記事を読む前に必ずお読み下さい。
いつも頑張っているアナタへ、旦那との事で悩んでいるのなら、こちらの初回無料診断をご利用ください。

メールアドレスなどの必要情報を入力するだけで、あなたと夫との悩みの解決用を初回無料診断致します。


>>初回無料診断する<<

子供を連れての離婚をする場合には、考えておかなければならないことや知っておくべきことがたくさんあります。

離婚後、「こんなはずではなかったのに」「知らないことばかりで子供に迷惑をかけてしまう…」ということがないように、親として精一杯子どもを守る必要があるのです。

離婚してから問題に直面してアタフタしないように、あなた自身が心に余裕を持った状態で子どもと生活が送れるように、こちらでは知っておくべきことをご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

一度は戸籍が別々になる

離婚届けの欄には、子どもの親権者にチェックをする欄があります。

このチェックをあなたにして安心していてはいけません。

離婚届けを提出すると、チェックしているとはいえ、子供とは一旦別々の戸籍となりますので、あなたの戸籍に入れるために必要な手続きがあるのです。

離婚届けを提出すると、あなたには新しい戸籍が作られ夫婦は別々の戸籍を持つことになるのですが、子供は父親の方の戸籍に残っている状態です。

家庭裁判所に行くと、子供の苗字を変更し、あなたの新しい戸籍に子どもを入れる手続きが即日で出来ますので忘れないようにしましょう。

婚姻関係にある旦那と別の苗字に変更する際、あなたにそのまま子供がついてくるということではありませんし、保険や税金の手続きをする際に子どもの戸籍の手続きをしっかりと出来ていなければなりません。

親権は子供が小さいほど母親優位

「そもそも子供の親権を取れるかどうか分からない」と不安に感じているあなた。

養育実績や養育環境などが整っていれば、母親が親権者になることはそう問題ないと言われています。

これまで夫婦揃って、家族総出で愛してきた子供は父親か母親が親権を取るわけですから、婚姻関係にある旦那が「親権は譲らない」と言えば、調停や裁判になる可能性があります。

そうなると、どうしても譲れないとして弁護士を雇ってとことん法廷で戦うことになります。

しかし、一般的には子供の年齢が小さいほど母親が親権を取れやすいと言われているのです。

必ず!と言えないところが辛いのですが、子供は母親の元で育てられるべきと考える調停委員や過去の判例を数多く見かけることが出来ます。

自分が産んだ子は自分で育てない、その気持ちを前面に出して、子育て出来る環境を整えて「私の元で子どもを育てるのは最適!」と旦那にはきちんと意思を伝えるようにしましょう。

親権のために調停や裁判になることも

前項で少し触れましたが、子供の親権者を夫婦のどちらにするかで問題になった場合には、調停や裁判で判断してもらうようになります。

調停や裁判になると、長期間での戦いとなることを覚悟しておかなければなりません。

だからと言って簡単に諦められることではありませんので、万全の態勢が取れているかどうかを確認しながら話しを進めていきます。

仕事の有無、住居の有無、家族で過ごした期間に子どもと一緒の時間などが聞かれることもあるようです。

調停や裁判になった際には、自分で様々な手続きをしたり、法廷に立ったりすることは出来ますが、弁護士に相談してお手伝いしてもらうことも出来ます。

法的なことは難しいですし、親権を取るために必要なことも一から教えていただけるので、弁護士への相談はその時だけでも必須かもしれません。

費用はかかりますが、それでもこれからの人生、自分の子供が側にいるかどうかとても大事な要素となります。

離婚した男性の半分以上は養育費を支払っていない

子どもがいて離婚する場合には、お金の計算をするはずです。

▼旦那の浮気が心配ならクリック!▼
SNSで浮気発見

これまでは夫婦での稼ぎで生活をしてきたわけですが、これからの婚姻相手がいなくなりますから、あなただけの収入と補助金などによってやりくりをしなければなりません。

その中で、確かに毎月もらえるだろう旦那からの養育費をあてにしている女性は少なくありません。

離婚しても、親権を持たなくても、子供に対してはずっと親としての養育の義務は発生します。

近くで育てられない親は、養育費を支払う形で養育を助けているという考え方でしょう。

離婚する際に、月にいくらと養育費の金額を設定した取り決めをしていても、支払わなくなる男性は半分以上だという話しを聞いたことのある方もいるでしょう。

違う調査では、3分の1の男性しか真面目に支払っていないという話しもあります。

離れていると責任感が薄れるのか、新しい家庭を持って支払いが出来ないのかは分かりませんが、急に養育費の支払いが滞るという事態も無きにしも非ずだということを知っておきましょう。

生活を送る為のお金の準備

子どもと一緒に生活を送るためのお金の準備についても覚えておくことがあります。

新しい生活をするための場所への引越し費用や新しい家具や家電を購入するための費用、転校することになれば新しい制服や学童用品など、生活を始める前にはたくさんのお金が必要になってきます。

そのために、離婚計画を立てている女性も多くいます。

離婚するまでに年スパンで計画を立てて、安定した職につき、コツコツと自分のお金を貯めていくのです。

中には、今のままの自宅に住み続け、旦那が出ていくパターンだと見越していても「あまりお金は必要ないから早く離婚したい」と思っていても、急な出費は生活をしていればあるものでしょう。

ある程度の預貯金があった方が、気持ちも落ち着けて子供との生活を送れるはずですから、離婚前にあなただけのお金を貯めこむことをおすすめします。

離婚が子供へ与える影響

離婚をすることで子供に与える影響についても知っておかなければなりません。

子供にとっては家族がバラバラにあり、大好きなお父さんお母さんが離れてしまうことを意味します。

精神的な部分では、表面に見せなくても少なからず寂しさや辛さを与えていますので、うまくフォローをしていきましょう。

中には、自分は愛されていないと感じる子供もいるようです。

ある程度大きくなれば、離婚する意味を伝えることが出来ますが、幼い子供にはなかなか難しいもの。

しかし、だからと言って放置していいということではありません。

子供の様子がおかしいと感じたなら然るべき機関に相談して、早く心の平穏を与えてあげましょう。

「離れて暮らしていてもお父さんもお母さんもあなたのことを愛しているのよ」と伝えていきましょう。

あなたにとっては離婚に値する旦那だとしても、子供にとっては尊敬する偉大な父親かもしれません。

親の都合だけで離婚を進めることもあり(暴力などではなく性格の不一致など)、100%理解してもらうことは困難なことですが、側で成長を温かく見守り、様々なサポートをしてあげることでも愛情を伝えられることは出来るはずです。

【こちらの記事もcheck!】別居婚が離婚や子供の心に大きな傷を与える原因になる理由

離婚する前にぜひ考えてください

子供がいる方を引き留めているのではありません。

離婚をして新たな気持ちで新たな生活を送ることで本当の幸せを掴むことは結果的に素敵なこととなるでしょう。

しかし、子供を連れての離婚となるとある程度の大変さや苦労は覚悟していなければならないことをこちらではお伝えしたいと思います。

その覚悟は必ず離婚前にしておくことで、離婚後に問題が起きてもすぐに相談に行けたり解決に向けての行動が出来るはずです。

子供の苗字の変更についてなどの事務的なこともぜひ理解をして、離婚にのぞむとスムーズになりますよ。

▼セックスレスを本気で解消したいアナタにオススメの記事▼
3年もセックスレスだった夫が激しく求めてきた秘密の○○とは?!

リュイールホット


にほんブログ村 主婦日記ブログ 寂しい主婦・孤独な主婦へ

【期間限定・6月30日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの夫婦生活の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「夫の本当の気持ちを知りたい…。」

「旦那は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

セックスレス解消法や夫婦問題の改善法、夫の浮気や不倫を辞めさせる方法も診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事