この記事を読む前に必ずお読み下さい。
いつも頑張っているアナタへ、旦那との事で悩んでいるのなら、こちらの初回無料診断をご利用ください。

メールアドレスなどの必要情報を入力するだけで、あなたと夫との悩みの解決用を初回無料診断致します。


>>初回無料診断する<<

離婚をする夫婦には様々な原因があります。

不倫に浮気、暴力、借金、嫁姑問題、価値観の相違など。

よくある価値観の相違は、きっかけは夫婦喧嘩から発展し「もうこの人とはやっていけない」と離婚になるケースがあるのです。

そんな夫婦喧嘩、どのような状況のものが離婚になってしまうのか気になっている人も少なくありません。

同じように夫婦喧嘩をしても離婚しない夫婦もいるわけですから、喧嘩の仕方によっては離婚への分かれ道が表れることがありますので、解決法とともに状況をご紹介します。

夫婦喧嘩から離婚に発展してしまう状況

何日も夫婦喧嘩が続く

一度、夫婦喧嘩をすると何日も口を聞かない、存在を無視する、イライラした態度で接する、時には再燃し喧嘩に発展する…

このように、何日も夫婦喧嘩が続く二人は離婚に突き進んでいることが言えます。

基本的に、喧嘩は何かを「解決させたい」という思いでしてしまうものですが、問題は解消することなく、憎しみや相手への不信感だけが募ってしまうと数日、数週間、数か月と仲違いが起きるのです。

時間が経つに連れて「どうして喧嘩しているんだっけ?」と最初の原因が思い出せないこともあり、残った気持ちは「あの人のことは信用できない」「嫌い!」というマイナスの感情だけ。

これでは、夫婦間の信頼関係は崩壊し「一緒に生活をする意味がない」「苦痛だ」と感じて、離婚に発展していきます。

人柄や人権を傷つける発言を繰り返す

夫婦喧嘩が激しくなると、お互いに感情的になる冷静な思考ではいられなくなることがあります。

喧嘩の要因となっていることへの話し合いではなく、配偶者の人柄や人権を傷つける言葉を投げかけてしまうと、もう後戻りの出来ない状況に陥ることになるのです。

「だからあなたは○○なのよ!」「よくそんなことで生きて来られたな」モラハラにも繋がる言葉のオンパレードは、冷静になった時にいくら反省をしても、言われた人の傷はなかなか癒えません。

解き放たれたたった一言で離婚を決めた夫婦もいます。

人柄や人権を否定するような言葉は、その人そのものをばっさりと切ってしまうこともあり、心に大きな傷をつけてしまったり人生に自信をなくしてしまったりすることもあるのです。

感情的になったとはいえ、愛して結婚した配偶者の悪口を言い放つような人とはこれから夫婦ではいられないと離婚を決意することになるでしょう。

相手に勝とうとする

夫婦喧嘩をしているとマウントを取って、相手に勝とうとする人がいます。

「言い負かして自分の思い通りに事を進めたい!」「あの人の言う事に従いたくない」と、喧嘩でヒートアップした気持ちや普段の夫婦のあり方からこんな夫婦に感じるのです。

これでは、「相手の言い分は聞かない」「話し合いにもならない」「馬鹿にされていると感じる」など夫婦間に溝が出来てしまいます。

夫婦喧嘩をする度にその溝は深くなり、いずれ収拾不可能な状態になったところで離婚を決意することになるでしょう。

夫婦はいつでも対等でなければ上手くいきません。

一見、尻に敷かれているように見える夫でも、うまくいっている二人は人の意見を聞きつつも愛情によって対等な関係を築き、信頼関係を深めているのです。

一方的な意見を押し付けるようなことが続けば、それは配偶者を否定し、奴隷のような扱いをされていると感じさせてしまいます。

これでは、これからの人生を「この人と一緒に生きていきたい」とは思いません。

夫婦喧嘩の解決法

夫婦喧嘩中の雰囲気を変える

▼旦那の浮気が心配ならクリック!▼
SNSで浮気発見

夫婦喧嘩をしてなかなかお互いに引き下がれない、という場合にはヒートアップしていきます。

夫婦喧嘩をして感情的になってしまっても、理性的な部分を手放してはいけません。

「これ以上言っても話しは平行線だろう」「このままでは喧嘩の原因になっていることではないところで言い争いをしてしまう」など危機感を持った時には、雰囲気を変えてください。

「お茶でも飲もうか」と休止宣言をしましょう。

言い合えば言い合うほど、言葉はどんどんと相手を傷つけるものになってしまいます。

いくら夫婦でも言ってはいけない言葉を発してしまうかもしれません。

そのためにも、「ちょっと冷静になりましょう」と提案をするのです。

きっと、相手もなかなか終わりの見えない喧嘩に嫌気が差しているけれど、また言葉が返ってきてしまうので感情的になってしまっています。

どちらかが、深呼吸を与えられるような雰囲気に変えることで、離婚にまで発展するような事態を避けることができます。

自分を変える努力をする

夫婦喧嘩で相手を変えようとする人は少なくありません。

誰でも自分の考え方や行動にも責任を持っていることから「自分は正しい」と思い、それ以外のやり方は間違いだと考えることがあります。

夫婦喧嘩はその延長線上のもの。

しかし、内容を吟味してみればきっとお互いに変われる部分はあるはずです。

配偶者の考えが全面的にどこからどう見ても間違いでも、喧嘩をして押さえつけるのは間違いなのです。

アプローチ方法を変えてみれば、案外簡単に「きみの言う通りだな」「ちょっとそれでやってみるよ」という言葉を聞くことができます。

相手の意見、考えていること、感じたことなどは夫婦喧嘩の間に聞きとることができます。

感情的になった裏側にある思いは、あなたを愛しているからだと受け取れることもあるでしょう。

相手だけを変えようと思うとどんどん心は離れていくこともありますから、あなたが変われるところや歩み寄れる部分はないかと考えてみてください。

理解して欲しいことを与える

夫婦喧嘩をする意味について考えてみると、お互いに相手のことを心配していたり理解して欲しいと思っていたりすることも多々あるものです。

なかなか分かってもらえないという思いが口調を荒くし、表情は恐ろしいものになってしまいます。

実行できるかどうかはこの際おいておき、配偶者が「あなたに理解して欲しいことは何か」を引き出してみましょう。

どうしてか、人はヒートアップすると言葉をストレートに伝えずに倫理的、論理的に物事を伝えようとする人も多く、その中心にあるものを他の言葉で見えにくくしてしまうことがあるのです。

しかし、理解して欲しいことをはっきりと伝えられた時には、相手の気持ちを落ち着かせ冷静な話し合いに変えられます。

言い合うような喧嘩ではなく、努めて冷静に話し合いが出来れば、夫婦問題を一つ解消に結び付けられますから、「あなたの言いたいことは分かった」「少し考えてみる」と受け入れる態勢を表してください。

あなたがそうすれば、相手も同じように一旦自分の中で考えをまとめ、あなたが伝えたいことに耳を傾けることにもなり夫婦喧嘩を終息させることができます。

離婚を阻止したい時には相手への思いやりを

夫婦喧嘩にまで発展するケースを経験すると、その間に「どうして分かってくれないの?」という憎しみにも似た感情を抱きます。

しかし、その感情に対処することがなければそのまま離婚となってしまうこともあり得ます。

夫婦喧嘩をしてしまったとしても、相手への思いやりを忘れないことが大事なのです。

言い合うくらいに「相手に理解して欲しい」と思っているわけですから、愛情がなくなったということではありません。

離婚に発展させたくない場合には、喧嘩の仕方や解決法を見直してみましょう。

▼セックスレスを本気で解消したいアナタにオススメの記事▼
3年もセックスレスだった夫が激しく求めてきた秘密の○○とは?!

リュイールホット


にほんブログ村 主婦日記ブログ 寂しい主婦・孤独な主婦へ

【期間限定・6月30日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの夫婦生活の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「夫の本当の気持ちを知りたい…。」

「旦那は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

セックスレス解消法や夫婦問題の改善法、夫の浮気や不倫を辞めさせる方法も診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事