この記事を読む前に必ずお読み下さい。
いつも頑張っているアナタへ、旦那との事で悩んでいるのなら、こちらの初回無料診断をご利用ください。

メールアドレスなどの必要情報を入力するだけで、あなたと夫との悩みの解決用を初回無料診断致します。


>>初回無料診断する<<

専業主婦を目指してるあなた、または実際に専業主婦として家庭を支えているあなた、十分な生活を送るための夫の年収が気になりませんか?

「勝ち組」と呼ばれる専業主婦には、夫の収入が深く関係しています。

そこで今回は、夫の年収がいくらなら専業主婦として勝ち組なのかについてご紹介します。

夫は外で稼ぎ、女は家を守る、理想的な夫婦像を追い求めている方に詳しくお伝えていていきますよ。

「勝ち組」になるためにも、夫の年収を高める妻になれるように工夫をしていきましょうね。

専業主婦の勝ち組に関わる夫の年収

まずは以下のグラフをみてください。

国税庁|平均給与

こちらは、国税庁が発表している男女別の平均給与額です。

専業主婦ということは、夫の収入だけで家族とともに生活をしている女性のこと。

それぞれの年代の男性の平均年収を見ていると、どう感じますか?

平均だと考えて、夫だけの収入で生活を送るとなると「贅沢は出来ない」「子供がいれば教育資金を考えると生活できない」などの意見が聞こえてきます。

賃金の低下だけが問題ではなく、物価の上昇、税金の徴収額などが原因となり、最近では共働きの夫婦が増えています。

最低限の生活を送るため、余裕のある暮らしをするため、子供には十分にお金をかけるため、と様々な理由がありますが、やはり基本的にはお金にまつわる理由です。

中には仕事が大好きで、誇りを持っているから生涯続けていきたい!という女性も増えてはいます。

しかし、多くの女性は、子供を身近で育て、夫や子供の身の回りの世話を十分にしてあげたいという思いから旦那の収入が多ければ専業主婦になりたいと思っています。

共働きの夫婦でやっと、まともな生活が出来る、余裕を感じられる生活、貯蓄もしっかりと出来る生活だと感じることも多いことから、ここでは共働きで稼ぐ金額を夫一人の年収ならば専業主婦として「勝ち組」という考え方でいきましょう。

間違いなく、妻が働かなくてもいい、子供も何不自由なく暮らすことが出来る、老後の貯蓄にも手がまわる、そんな生活です。

20代専業主婦の場合

20代の専業主婦は、夫の年収が550万円~700万円あれば「勝ち組」だと言えます。

20代の夫婦は、まだ子供がいない、いたとしてもまだ小さくこれから教育資金がかかってくるという状態。

そこで夫が年収550万円以上あれば、勝ち組の生活が出来ますよ。

生活水準は、前項でもお話したように夫婦共働き家庭と同じ生活ですから、欲しいものには基本的には手を伸ばせます。

家族計画を練っている夫婦も多く、子供がこれから出来たとしても20代でこれだけの年収のある夫ならば、これから年齢を重ねてもどんどんと年収は上がってくることを予想出来ますね。

教育資金を貯蓄しながら、生活もでき、マイホームへの憧れも叶えることの出来る年収ですから、周囲の人からは羨望の眼差しを向けられることでしょう。

結婚をしたと言っても、まだ遊びたい、興味のあることが多い、友人などとの付き合いもしたい!という欲を多く持つ年代でもありますが、十分に夫の収入だけでもやっていけます。

専業主婦でも夫の収入で、身綺麗にする費用もしっかりと捻出できますので、女性としては安心ですね。

ただ、これからの夫婦生活は長いものですからお金の使い方には気をつけて、将来のことを見据えたお金の使い道をしていなければ、いくら年収の高い夫を持っていても破滅してしまうこともありますからね。

若さゆえの行動は慎むのも、勝ち組専業主婦の基本です。

30代専業主婦の場合

30代専業主婦の夫の年収は、30代前半で800万円以上、30代後半で1000万円以上で勝ち組と言えます。

30代夫婦は、子供の教育資金がかかってくる時期であり、将来的にいくら必要なのかが見えてくる年代でもあります。

▼旦那の浮気が心配ならクリック!▼
SNSで浮気発見

幼稚園や保育園に預ける、子供が小学生になったなど、子供にかかるお金を実感し始めますので、「大学まで行かせたらどのくらい必要かな?」と細かく計算する30代。

実際にマイホームやマンションの購入に踏み切る夫婦も多く、ある程度の頭金を入れても残りを住宅ローンで支払うとしても余裕のある暮らしを送ることが出来ますよ。

最も、子供に手がかかる時期であり、幼稚園や保育園、学校行事で大忙しになります。

しかし、専業主婦ならば子供の成長を感じさせられる行事には全て参加し、ママ友からの情報も入手しやすく、子育てをより楽に進めていくことが出来ますね。

まだ幼い子供たちとの思い出に旅行に出掛けたりと、年収1000万円以上の夫がいれば容易に叶いますよ。

40代専業主婦の場合

40代の専業主婦の勝ち組である夫の年収は、1500万円以上、最低でも1300万円としましょう。

子供が大きくなり、中学、高校、大学への進学するに従い教育費はどんどんと高くなりますが、それに対応できるだけの収入であると言えます。

また、40代となると、子育てもある程度落ち着き、妻は自分の時間を持てるようにもなりますね。

友人と食事に出掛けたり、趣味を持ったりと、これまで自由に出来なかったことを実行に移したい!という思いにもなってきます。

まだまだ40代は若いですから、やりたいこともたくさんあるでしょう。

それでも、夫の年収が1500万円あれば、子供の教育資金や住宅ローン、余裕のある生活費の他にあなたの自由に使える金額を簡単に捻出できます。

また、そろそろ老後のことも気になりだす年代です。

余裕のある暮らしを送りながらも、しっかりと老後のための貯蓄も一緒にでき、将来に安心を感じます。

夫婦二人で送る老後を考えながら、どのくらい必要なのか、夫の年収が1500万円あれば退職金の金額もそれ相応のものでしょうから、老後を楽しみに思えます。

老後が心配な生活は精神的にも辛いものがありますが、安心しているとなるといつでも穏やかな気持ちで毎日を送ることが出来ますね。

50代専業主婦の場合

50代の専業主婦は、子育てが完全に終わっているのなら1000万円、まだという方では1500万円で勝ち組です。

子供が巣立ち、子供にかかるお金がなくなれば、夫の収入は全て夫婦のもの、50代となると友達を招いてゆったりとした茶話会を開いたり、旅行もあちこちを飛び回るよりも癒されるようなプランを選び始めます。

若い頃にいろいろ挑戦した方ならば、余計にそうなります。

老後のお金、孫に使うお金などを考慮しても1000万円の年収があれば問題ありません。

そして、子育てがまだ、もう少しだという方は余裕ある生活を送るのならば1500万円の年収があれば気持ちにも余裕を持った勝ち組の生活が出来ますよ。

子供が私立大学に行きたいと言っても、奨学金を借りることなく通わせることも出来るでしょう。

勝ち組の最低ライン

夫の年収がいくらなら専業主婦として勝ち組なのかについてご紹介しました。

夫婦二人での生活、子供の人数、持ち家の有無、親と同居かなどによって勝ち組だと言える年収は変わってきます。

こちらでご紹介した勝ち組の年代別の年収は、その最低ラインだと考えてください。

夫婦と子供一人での生活をベースに考えさせていただきました。

あなたの家族計画はどのようなものなのかによっては、勝ち組の年収は変わってきますし、当然ですが夫の年収が高ければ高いほど勝ち組です。

周囲が羨むような生活を専業主婦として送るのならば、最低でもこちらの年収を参考にしてください。

足りないかな?と感じたら、年収が高くなるように応援しましょう。

▼セックスレスを本気で解消したいアナタにオススメの記事▼
3年もセックスレスだった夫が激しく求めてきた秘密の○○とは?!

リュイールホット


にほんブログ村 主婦日記ブログ 寂しい主婦・孤独な主婦へ

【期間限定・6月30日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの夫婦生活の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「夫の本当の気持ちを知りたい…。」

「旦那は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

セックスレス解消法や夫婦問題の改善法、夫の浮気や不倫を辞めさせる方法も診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事