この記事を読む前に必ずお読み下さい。
いつも頑張っているアナタへ、旦那との事で悩んでいるのなら、こちらの初回無料診断をご利用ください。

メールアドレスなどの必要情報を入力するだけで、あなたと夫との悩みの解決用を初回無料診断致します。


>>初回無料診断する<<

あなたは人前で夫のことを何と呼ぶか迷ったことはありませんか?

夫?主人?旦那?はたまた旦那さん?とどれが正しい呼び方なのか考えた経験は一度はあることでしょう。

そこで今回は、夫、主人、旦那の呼び方の違いについてご紹介します。

結婚をし、大人の女性としてどんな呼び方がTPOに合っているのかについても合わせてお伝えしますのでぜひ参考にしてくださいね。

それぞれに意味の違いがありますので、周囲の人があなたの呼び方に違和感を持たないようにしていきましょう。

夫の意味と呼び方が相応しい時

「夫」は役所や職場に提出する書類などにも記載するもので、続柄を表すものでもあります。

それは、妻の反対語であると言えますね。

夫と妻は反対語でありながら、それは関係が平等であることを表し、現代の男女平等の時代にはよく使われるものとなっています。

公の場、人前では夫と妻という呼び方は身分の違いや立場の違いを表すものではないことから、最も適している呼び方ではないか?と唱える方もいます。

ひと昔前までは、妻は夫に仕えるもの、夫の方が立場は上だと考えられていた時代がありました。

しかし今は、夫婦に格差はなく男女平等であるとされていますので、女性がへりくだる必要はありませんので、夫という呼び方が主流となっているところもありますね。

主人や旦那という呼び方に違和感を持つ方は、どこででも夫という呼び名で統一しても不自然なことはありませんよ。

主人の意味と呼び方が相応しい時

主人の意味は、「一家の主」「自分の仕える人」というものがあります。

とても丁寧でかしこまった呼び方ですので、目上の方と話しをする時などによく使われています。

現代では、女性が男性に対して使う呼び方になっていますが、本来はどちらを呼んでも間違いではありません。

女性に対して「主人」という呼び方も以前にはあったことから、特に男性だけを敬った呼び方ではないのです。

しかし、最近は「主人」という呼び方を嫌う女性もたくさんいます。

もともとない意味ではありますが、家の中で一番偉い男性という意味だと捉えていて、それは男尊女卑に当たるのでは?と考える女性は主人という呼び方に躊躇してしまうそうです。

過去の未来は、男性の方が偉いと思っていたことの名残であると考えられており、どうしても男女平等な言い方ではないと思うことで、主人という言い方を嫌います。

旦那の意味と呼び方が相応しい時

旦那という言葉、何となくラフな言い方で友人などの間で使っている呼び方だと認識していませんか?

しかし実は、夫、主人よりも最も丁寧な言葉であることはあまり知られていません。

旦那と呼ぶときには、愚痴を吐き出す時や気の置けない友人たちとの集まりの時という場合が多く、目上の人の前で旦那という呼び方は間違っていると思っていませんか?

確かに現代では、女性も強くなり「上から目線」の呼び方だと思われていることは否めません。

しかし、本来の意味は主人よりも敬った言い方なのです。

「~の旦那!」と商人がお客さんに声をかけることがありますが、これはラフな言い方に親近感を得るためのものではなく、相手を敬った言い方です。

商売をしている人が見ず知らずの人にいきなりカジュアルな呼び方をすることはないと、考えてみれば納得です。

ですから、目上の人にでも旦那と使うのは間違いではありません。

が、時代の流れとともに意味が変わってきているところもありますので、無難なのは友人の前だけということになります。

職場や他人の前では?

▼旦那の浮気が心配ならクリック!▼
SNSで浮気発見

それでは、夫・主人・旦那の呼び方についてTPOに合わせたものをご紹介します。

最も呼び方で困る時は、職場や他人の前での呼び方ですね。

配偶者のことを直接知らない人、関わりのない人、あなたが敬う人の前での呼び方は主人もしくは旦那が最適です。

夫でもいいのでは?と思われますが、日本人は対等な人でも他人と話しをする時には敬った表現をしますよね。

そう考えると夫や妻という対等の意味を表す呼び方はふさわしくないと言えます。

主人、旦那、旦那さんなどをどんどん使っていきましょう。

意味からすれば、間違いではありませんが旦那という呼び方に躊躇してしまうなら主人一択ですね。

あなたの評判も下がりませんし、良い妻として周囲の人の目に映りますよ。

夫に対いて不満を持っている妻がよく取りざたされますが、そんなイメージをつけることなく、あなたの女性としての株を職場で高めることができます。

良妻賢母なんて言われる日も近いですよ。

手紙や電話は?

さて、手紙や電話での配偶者の呼び方にも迷うことがあります。

手紙や電話はかしこまった場合が多いので、単純な間違いをしたくないと思うのは当然のことです。

手紙に配偶者を記す時には、手紙を送る相手にもよりますよね。

親しい相手にならば、旦那という表記でも問題ありません。

送り手も貰い手も違和感のない呼び方になります。

しかし、目上の人やその手紙を誰が見るのか分からない時というのは主人という呼び方が無難ですね。

日本人らしい呼び方ですから、体裁を整える意味でも主人と言えば間違いありません。

また、電話の場合にも相手が誰なのか分からない場合がありますね。

そんな時には、主人を使います。

しかし、あなたが妻であることを知っている人物ならば旦那や夫でもいいでしょう。

くだけた会話の出来る相手には旦那、配偶者の会社の人ならば夫と使い分けてくださいね。

このように、目の前に実際にいない相手への呼び方は頭を悩ましてしまいます。

相手からみたあなたの立場について考えてみると、正しい呼び方ができるはずですから、妻だと知っているのか知らないのかを探って呼び方を選びましょう。

見えない相手だからこそ、きちんとした意味を理解することで不快な思いや疑問を残すことはありません。

身内の前では?

そして最後に、身内の前では配偶者のことを何と呼んでいますか?

身内ということは親や兄弟、親戚の前でということです。

夫や主人、旦那と敬称のような呼び方はふさわしくありませんし、身内の頭の中を混乱させてしまうこともあります。

こんな時には深く考えずに、名前で呼びます。

○○さん、と配偶者を呼びます。

親戚との関係性にも呼びますが、配偶者のことを知っている彼の身内でもあなたの身内でも名前を使った呼び方をしてくださいね。

身内にとっても、息子であったり兄弟であったり、甥や叔父などにあたりますので、名前で親近感を表しましょう。

これからの親戚付き合いのためにも、配偶者を介して配偶者側の親戚とも仲良くしていきたいですし、あなた側の親戚には彼をしっかりと紹介することができますよ。

TPOに合わせられる女に!

夫、主人、旦那の呼び方の違いについてご紹介しました。

配偶者の呼び方には、それぞれに意味があり、それは昔から受け継がれているものでもあります。

それらを現代にも活かすことで、あなたはTPOに合わせられる素敵な女性になることができますよ。

それぞれのシチュエーションに最適な呼び方を選択してくださいね。

夫、主人、旦那、または旦那さんという呼び方をうまく使い分けられてこそ、良い妻をアピールすることもできます。

夫を立てることにもなりますので、迷った時には「主人」ならば間違いはありませんので、自信を持って呼び方として使ってくださいね。

▼セックスレスを本気で解消したいアナタにオススメの記事▼
3年もセックスレスだった夫が激しく求めてきた秘密の○○とは?!

リュイールホット


にほんブログ村 主婦日記ブログ 寂しい主婦・孤独な主婦へ

【期間限定】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの夫婦生活の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「夫の本当の気持ちを知りたい…。」

「旦那は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

セックスレス解消法や夫婦問題の改善法、夫の浮気や不倫を辞めさせる方法も診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事