この記事を読む前に必ずお読み下さい。
いつも頑張っているアナタへ、旦那との事で悩んでいるのなら、こちらの初回無料診断をご利用ください。

メールアドレスなどの必要情報を入力するだけで、あなたと夫との悩みの解決用を初回無料診断致します。


>>初回無料診断する<<

「二人の子供なんだから一緒に育児がしたい!」「仕事で疲れているのは分かっているけれど、ちょっとは手伝って欲しい」そんな風に夫に向けて感じている妻は少なくありません。

ワンオペ育児なんて言葉も流行っていますが、今は昔とは違い旦那も育児に積極的に参加する時代となりつつあります。

専業主婦の妻だって、家事に育児に追われていれば「少しは子供を見ていて欲しい」と願う気持ちは同じですし、共働きならばなおさらでしょう。

育児に関して使えない旦那にうまく子育てを手伝ってもらうための工夫がありますので、ぜひ参考にして満足いく夫婦生活を歩んでください。

「一緒にやってくれない?」

子供の育児は母親だけの仕事ではありませんし、冒頭でもお話したように「二人の子供なんだから」という気持ちも強いことでしょう。

子供は日に日に成長していくもので、昨日出来なかったことが急に今日出来るようになったなんて日常茶飯事。

そんな子供の成長を感じてもらうためにも、夫には積極的に育児に参加して欲しいものです。

旦那に「手伝って!」「あれこれして!」と言うのではなく「一緒にやってくれない?」と声をかけてみましょう。

「まだ不安なんだ」「私も苦手だから一緒にしてくれたら安心する」と下手にお願いしてみると上手くいきますよ。

細かい指示も与えられますから、使えない夫から存分に使える夫へと旦那の成長を促すことにも繋がります。

「私より上手だね!」

夫が子供の面倒を見てくれている時にはおだてる作戦を発令しましょう。

子供がキャッキャしていたら「私よりも上手に遊んであげられるのね」、食事をあげてくれたら「私があげるよりも良く食べてくれる」と「私よりも上手だね」という気持ちを伝えましょう。

人は褒めてもらうと嬉しいものですし「もっと頑張ってみようかな」と感じ、夫は「仕方ないな」と言いながらもこれからは率先して育児をしてくれるようになります。

子供を育てているのか、夫を育てているのか疑問を抱く瞬間もあるかとは思いますが、子供が産まれてから夫は父性を持つようになりますから、女性のように早い段階から「私の子供!」という意識にはなりにくいそうです。

しかし、子供を愛していないわけではありません。

ただ、やり方が分からないという夫たちの声もよく聞きますので、妻よりも上手で手伝えることをどんどんと増やしていけば、あなたの負担は少しでも軽くなるはずです。

「○○と△△、どちらか手伝って欲しいな」

育児を手伝って欲しい時には、選択をしてもらうと上手に事を運べます。

お母さんはとっても忙しく、したいことややらなければならないことが一度に怒涛のように押し寄せることも少なくありません。

そんな時には、「ミルク作るか、おむつ替えるかどちらか手伝って」と声をかけてみましょう。

「育児をしない」という選択肢はそこにはありませんし、「妻は今、どちらもしなければならない状況にあるんだな」と認識させられることにもなります。

ママ一人で全てをこなしてしまうと、「手伝わなくても出来る作業」と思われてしまうので、選択をさせて手伝ってもらうのはこれから先の長い育児にも良い影響を与えられるのです。

育児に全く参加していない夫には、この方法で少しずつ旦那が出来ることを増やしていきましょう。

見ているだけ、実際にしてみないと分からないことがたくさんありますので、「まずはさせること」を意識して、手伝ってもらうようにしてください。

一日にあったことを詳しく報告する

▼旦那の浮気が心配ならクリック!▼
SNSで浮気発見

「今日は朝からアレしてこれして、夕方までにはあそこにいって、子供はあの時こうで…」と一日にあったことを詳しく報告すると、使えない旦那が変わっていきます。

仕事に精を出している夫は、普段妻や子供がどのように生活を送っているのかを知りません。

仕事から帰ってきてからのことしか見ていませんので、日中がどれだけ大変な思いで過ごしているのかを知らないのです。

それならば教えてあげましょう。

コツは、旦那があなたの話しに耳を傾けられる精神状態の時に、「大変だった」という思いではなく、ぜひ楽しそうに話してください。

仕事でイライラしている時、ゆっくりとテレビを堪能している時などに旦那に話しかけてもいい事にはならないことをあなたは知っているはずです。

一緒に食事をしている時など、夫婦の会話が成り立つ時にしてください。

そして、話す内容は大変なことですが口調は明るくすると夫はきちんと聞いてくれます。

不機嫌な物言いをしてしまうと、右から左でスルーされてしまいますので注意しましょう。

きちんと聞いてくれた話しだからこそ「大変なんだな、何かできることある?」と自発的に手伝いをしてくれるようになるのです。

文句は言わない

育児を手伝ってくれた時には絶対に文句を言ってはいけません。

夫は「手伝っている」という善意のもとで育児に取り掛かる男性も少なくありませんので、せっかくしたことに文句を言われると「じゃ、お前がやれよ」ともう二度とその手伝いをしてくれなくなってしまうかも。

手伝ってくれたことを失敗した時に、文句を言うと旦那の男としてのプライドを傷つけてしまうので、文句ではなく助言を伝えるようにしましょう。

「こういう時にはこうするといいらしいよ」と、自分のやり方を押し付ける言い方ではなく、「一般的なやり方を伝えられている」と旦那が感じれば素直に聞いてくれます。

ちょっと面倒な部分のある男性心ですが、ここを乗り越えると素敵な育児パパになりますので、冷静に対処してください。

育児本に一緒に目を通す

今や様々な育児本が販売されていますし、初めての妊娠・出産・子育ての方は色んな育児本が手元にあるという場合も多いもの。

あなただけが真剣に目を通すのではなく、夫婦で一緒に熟読していきましょう。

育児の仕方を妻から教えられると「高圧的で自分が子供扱いされているみたいで嫌だ」と感じることも事案としては多いので、育児本に指南してもらうのです。

育児の仕方だけではなく、子供の成長具合も分かりますので「今しかこの時はないんだな」と感じてくれて、子供との触れ合いの時間も増えていきます。

夫婦間の話題も子供のことを中心に幸せな時間となりますから、家族としての絆もどんどんと深まります。

少し心配性で、細かい夫になってしまう可能性も否定できませんが、旦那に任せられる育児も増えていきますので、妻としては頼れる存在になります。

育児本はイラストも多く、何も知らないという夫にも分かりやすい代物ですからおすすめの使える夫になる方法でもあります。

素敵な育児パパで、子供も妻も幸せ!

夫は仕事でお金を稼ぎ家庭を支える、妻は家を守りながら家事に子育てをするという区分のある時代は終息していると言っても過言ではありません。

二人の子供であるからこそ、「育児を旦那にも手伝ってもらいたい」と思うのは当然の感情です。

しかし、上手に夫にアプローチができなければ、育児への参加を積極的にするチャンスを逃してしまいますので、こちらの方法をぜひ活用しましょう。

育児に参加するパパがいれば、妻だけではなく子供も幸せな環境での成長に身をおくことになります。

家族である絆を深め。両親の愛情を感じられる環境を整える意味でも、使えない夫に子育てを手伝ってもらい「使える夫」に成長させていきましょう。

▼セックスレスを本気で解消したいアナタにオススメの記事▼
3年もセックスレスだった夫が激しく求めてきた秘密の○○とは?!

リュイールホット


にほんブログ村 主婦日記ブログ 寂しい主婦・孤独な主婦へ

【期間限定・4月28日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの夫婦生活の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「夫の本当の気持ちを知りたい…。」

「旦那は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

セックスレス解消法や夫婦問題の改善法、夫の浮気や不倫を辞めさせる方法も診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事