この記事を読む前に必ずお読み下さい。
いつも頑張っているアナタへ、旦那との事で悩んでいるのなら、こちらの初回無料診断をご利用ください。

メールアドレスなどの必要情報を入力するだけで、あなたと夫との悩みの解決用を初回無料診断致します。


>>初回無料診断する<<

夫がうつ病になると、それを支える妻には大きな負担がのしかかります。

「支えなければいけないのは分かっているけれど、疲れてしまった」と看病疲れと合わせて生活への不安も感じ、体力的にも精神的にもかなり辛い症状が出てしまう妻も少なくありません。

うつ病になった旦那を責めるわけにはいかず「この人には私しかいない」とどんどんと追い込んでいく女性もいます。

「このままでは離婚も頭を過ってしまう、でも離婚なんてしないで夫婦生活を円満に過ごしていきたい」というあなたに、これからどうするべきかをご紹介します。

少しでもお役に立てるように、詳しく解説しますのでぜひ参考にして気持ちを軽くさせましょう。

生活費の心配

傷病手当の申請

夫がうつ病に倒れると、仕事に行くこともままならず生活費がピンチの状態になってしまいます。

お金がなければ、気持ちの余裕も生まれませんので、気にかかって当然です。

夫がうつ病をきっかけに仕事を休業する場合には、傷病手当の申請をしましょう。

認定を受けるためには様々な条件がありますが、そこをクリアすることができれば、おおよそこれまでのお給料の三分の二くらいの手当てをもらえます。

休業しているので、受取額は減ってしまいますが生活を見直してやりくりをしていれば何とか生活ができる状況ならば安心することができるのです。

受けられるサポートは何でも受ける気になって、傷病手当の申請から始めましょう。

妻が働きに出る

あなたが専業主婦の場合には、働きに出るのも一つの手です。

このまま貯金を切り崩しながらの生活は、いつかは底をつきてしまうわけですし、金額がどんどんと少なくなることに不安を覚えます。

家庭の状況、必要な毎月の生活費を計算して、フルタイムで働くのかパートなどで時間を調整して働くのかを検討してみてください。

働きに出ることは、社会に出て様々な人との関わりを持つことにも繋がりますので、家の中にいて夫の看病のみの生活で気を塞ぎこんでしまうことを避ける方法でもあります。

仕事ですから、息抜きとは言えませんが夫婦二人で息が詰まる環境でいるよりも、心を解放させられる場所を妻が持つ方がいいという声も聞かれます。

すでに働きに出ている妻は、スキルアップをして収入を増やしたり、転職をこの機会に考えるのも生活費を助ける方法になることも。

負担が増えると感じることもありますが、それ以上に外に出て自分を必要とされていることを肌で感じると、夫の看病への想いも変わっていきます。

実家・義実家に相談する

働きに出るのは「うつ病の夫を一人で家に残すのは心配」という妻、旦那の症状によってはなかなか目を離すことができない、という人もいるでしょう。

あなたを支えてくれる人がいないか、困っている時こそ誰かの手を借りてでも助けてもらいましょう。

最も、相談しやすいのはあなたの実家や義実感です。

娘が困っている、息子が大変だという状況を知れば、親ならば「できることはしてあげたい」と思うもの。

近距離にいる場合には、夫を看てもらいあなたが仕事に出ることは可能ですし、遠距離で実際に手助けが出来ない場合には金銭による援助を申し出てくれることもあります。

今の状況を包み隠さずに話しをし、出来ることをしてもらいましょう。

恩を感じたならば、夫が元気を取り戻した時に一緒に感謝を伝えてください。

子供が困っている状況を無視する親はそうそういませんので、詳しく話しをしてみましょう。

離婚の危機の乗り越え方

うつ病への理解を深める

▼旦那の浮気が心配ならクリック!▼
SNSで浮気発見

「離婚をしたい」「離れて暮らしたい」夫のうつ病の症状や期間が長くなってくると妻はどうしてもそう考えてしまいます。

しかし、心の底では「愛した旦那だから離婚はしたくない」「健康を取り戻し一緒にこれからも暮らしていきたい」と思っているのならば、離婚の危機を乗り越えていきましょう。

まずは、うつ病への理解を深めます。

うつ病と言っても「典型的なうつ病」「躁うつ病」「否定型うつ病」があり、それぞれどのような症状なのか、夫はどのタイプのものなのかから取り掛かりましょう。

そして、うつ病の症状によって旦那がどのような思いで毎日を過ごしているのか、どんな衝動に駆られるのか、治療方法などに至るまで調べてみるのです。

すると、今の夫の辛さや言葉にうまく出せない気持ちを知ることになり、あなたがこれからするべきことも見えてきます。

疲れた気持ちはがむしゃらにうつ病の夫に向き合っているから、という側面を持っている妻も多くいます。

正しく理解をすることで、もっと建設的な接し方を見つけ出すことに繋がるのです。

旦那の通院には付き合う

うつ病の旦那を専門の医療機関に通院させることはもちろんのこと、その通院には出来るだけ付き添うようにしましょう。

現在の夫のうつ病の進み具合や状態、必要な薬、その副作用に至るまで妻にも説明をしてくれることがあります。

専門の医師からの言葉にはやはり納得させられるものも多く、前項のうつ病を理解するものへと繋がっていくのです。

また、通院に付き添うことで医師と直接話しができ、あなたが疲れている状況を判断しアドバイスをくれることも少なくありません。

うつ病患者にとって、家族は必要な存在であり、医師としても家族が倒れてしまうようなことが起きては悲しいものです。

診察を受けるのは夫でも、支える家族へのサポートも案外充実させている機関も多くあります。

行き帰りを旦那一人でさせるのも心配という妻もいるでしょうから、ぜひ病院へは一緒に足を運ぶことにしましょう。

自分への支援も忘れずに

夫がうつ病にかかるとそれを支える妻は疲れて「ここから逃げ出したい」と思ってしまうこともあります。

そんな自分を労い支援することを忘れてはいけません。

心配なことがあり心労がたまる、看病をすることで体力的にしんどい、そんな時には医師に相談をしたり、親身になってくれる誰かに話を聞いてもらうだけでも楽になることはあります。

あえて一人の時間を作ったり、家事や育児のサポートを受けたりすると「休んでまたがんばろう」という気持ちにもなれます。

支えなければならない妻が休んではいけない理由はありませんし、できるだけ一人で抱え込まないような工夫を取りましょう。

「どうしても辛い」と夫と同じようにうつ病を発症させるケースもありますので、時々カウンセリングを受けるだけでも気の持ち方は変わっていきます。

健康であるからこそ看病ができるのですから、それこそが正しいうつ病の夫への接し方だということを意識して、自分を大事にすることを目指してください。

お金の心配、夫婦関係の心配、解消させられます!

夫がうつ病で倒れ、その状況を一身に浴び、環境の変化やお金の心配、夫婦関係の心配に至るまで妻は「疲れた」と思うことが増えます。

しかし、生活費のピンチも離婚の危機もうまく乗り越える方法はありますので、ぜひこちらの内容を参考にして、これからも夫婦でいられるような選択をしていきましょう。

大変なこともありますが、今は旦那にとっても苦しい時。

健康を取り戻した時には「あの時はしんどかったけど、今は幸せ」と言える未来を信じて乗り越えていきましょう。

疲れたと感じた時には、誰かを頼ってもいいんですよ。

受けられるサポートは積極的に受けましょう。

▼セックスレスを本気で解消したいアナタにオススメの記事▼
3年もセックスレスだった夫が激しく求めてきた秘密の○○とは?!

リュイールホット


にほんブログ村 主婦日記ブログ 寂しい主婦・孤独な主婦へ

【期間限定・6月30日(日曜)迄】コチラの記事を読んでくれたアナタへ!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの夫婦生活の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「夫の本当の気持ちを知りたい…。」

「旦那は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常3000円の【ココロクリア】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常3000円の【ココロクリア】を初回無料でプレゼントします。

セックスレス解消法や夫婦問題の改善法、夫の浮気や不倫を辞めさせる方法も診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事